PICKLEBALL(ピックルボール)ってなに?


1967年にアメリカシアトルで生まれたPICKLEBALLは北米を中心に普及し、2018年の全米競技人口は300万人以上、現在は400万人以上とみられています。

日本ではJapan Pickleball Association(日本ピックルボール協会)が設立されて日本各地で普及し始め、子供から中高齢の人まで楽しめる「生涯スポーツ」として急速に愛好者が増えています。

アメリカで生まれたラケットスポーツです。バトミントンコートとほぼ同じ大きさのコートでセンターネットを挟んで樹脂製の中空穴あきボールを打ち合います。サービスはアンダーハンドのみです。


ラケットは卓球のラケットを二回りくらい大きくしたような感じで、カラフルでいろいろなデザインのものが販売されています。材質も木製、アルミハニカム製、カーボンファイバー製などいろいろあります。


ダブルスもシングルスもコートサイズは同じです

試合は男女ダブルス、ミックスダブルス、シングルスがありますが、すべて同じ仕様(コートの大きさも)のコートを使用するため、シングルスはプレイヤーの守備範囲が広いので、体力的にはかなりキツく、一般プレイヤーにはダブルスがおすすめです。


ボールがカラフルで楽しい

その日の気分によってボールの色を選ぶとよいでしょう。ボールには屋外用と屋内用があります。カラフルなボールとカコンカコンという打球音が心も弾ませます。


コートの面積はテニスコートの約3分の1

ピックルボールコートの大きさは13.4m×6.1mで、バトミントンコートとほぼ同じ大きさです。日本では体育館のバトミントンコートを使っていることが多いですが、本場アメリカでは屋外でハードコートのところが多いです。


ロゴマークは胡瓜のピックルスが多い

アメリカのクラブやチームのロゴマークにはピクルスをデザインに用いたコミカルなものが多いです。pickleballの名前の由来は、発案者の飼い犬の名前がPICKLEだったとか・・・いろいろな説があるようです。